エアロバイク®Zシリーズ エアロバイク® POWER MAX(パワーマックス)について

About Aerobike® POWER MAX

頂点をめざす者たちへ
POWER MAX V3(パワーマックス V3)の魅力

POWER MAX V3 は、主に運動選手の体力強化用として、最大無酸素パワー(短時間に全力運動して発揮されるパワー)の向上と、そのパワーを持続する能力の向上のためのインターバルトレーニングを目的とした、コンピュター制御の自転車エルゴメーターです。

最大無酸素パワーの評価と、最適な運動負荷の設定に基づいた科学的トレーニングを行うことが可能です。

自分のパワーを測定し評価することで、さらに能力を高めることができます。

  1. トップ
  2. コナミのエアロバイク®
  3. Zシリーズエアロバイク® Zシリーズ POWER MAX(パワーマックス)について

運動とパワーの種類

スポーツトレーニングの目的は競技成績を高めるために、身体的能力と精神的能力の調和を測ることにあります。特にスポーツにおける身体的能力向上のためのトレーニングは、技術的トレーニングと体力的トレーニングの2つのトレーニングによって成り立っているといえます。
つまり、スキルの向上とパワーの向上が調和されて、初めて競技力を高められることがで切るわけです。
スキルの向上はスポーツ種目に応じて、それぞれのトレーニング方法で行われるものですが、体力向上のためのパワートレーニングは、全ての競技種目の基礎となるものであり、パワーの向上なくして競技成績の向上を測ることはできません。

パワーとは体内に有する筋収縮のためのエネルギーいかにすばやく発揮させるかという能力のことを意味します。
アスリートが、このパワー発揮能力を評価することは、大変意義のあることといえます。

エネルギー供給のメカニズム

筋収縮の際のエネルギーを生み出すメカニズムは、大きく分けて2つあります。
一つは無酸素状態でエネルギーが供給されるしくみ(無酸素性機構)であり、もう一つは有酸素のもとでエネルギーが供給されるしくみ(酸化系)です。無酸素性機構はさらに非乳酸系と乳酸系に分かれます。

クレアチンリン酸系、乳酸系、酸化系がエネルギー供給のしくみと言えます。
コナミスポーツのエアロバイク® POWER MAX(パワーマックス)はそれぞれのエネルギー獲得段階を計測することができ、アスリート個人に必要なエネルギー供給段階を強化することができます。

クレアチンリン酸系
ハイパワー

高エネルギーリン酸化合物であるアデノシン三リン酸(ATP)とクレアチンリン酸(CP)との分解により短時間(約8秒)の大きなパワーを発揮する運動を遂行します。
ハイパワーは運動開始から約8秒程度で発揮できるパワーを示します。

スポーツの種類

砲丸投げ/100m走 など

乳酸系
ミドルパワー

運動開始から30秒程度経つとクレアチンリン酸の供給がなくなり、ATPの分解にグリコーゲンの無酸素的解糖(乳酸が発生する分解)によって行われます。
この段階がミドルパワーと呼ばれる乳酸系のエネルギー獲得機構です。

スポーツの種類

200m走/400m走/100m競泳/スピードスケート/ボクシング/体操競技 など

酸化系
ローパワー

最後の段階として、グリコーゲン・脂肪を完全分解するローパワー(酸化系)の段階となります。

スポーツの種類

フルマラソン/サッカー/ラクビー/バスケットボール など

エアロバイク® POWER MAX(パワーマックス)
体力テストプログラム

無酸素パワーテスト

無酸素パワーテストでは3種類の強さの異なる負荷のもとで全力ペダリングを行い、それぞれの最高ペダル回転数を測定して最大無酸素パワー、ハイパワー、トレーニング値、ミドルパワートレーニング値を演算します。わずか5分で無酸素パワーの測定およびハイパワー/ミドルパワートレーニングにおける最も効果的な負荷が算出可能です。また、トレーニング後の再テストで、パワー向上の度合いを数値で確認できます。

測定方法

性別、体重を入力後スタートし、全ペダリング10秒を2分間の休息をはさんで各々強さの異なる負荷で3回行なう。負荷は2〜11kpの1kp単位で自動的に設定される。

ウィンゲートテスト

乳酸性最大無酸素パワーを測定するテスト(ミドルパワーテスト)。
一定時間の負荷(デフォルト値:体重の7.5%)で一定の時間(デフォルト値:30秒)を最大努力で運動するオールアウトテストです。

測定方法

体重の7.5%の負荷を30秒間全力ペダリングすることでミドルパワーの測定を行ます。

インターミッテント

間欠的な無酸素パワーの持久能力を測定値するテストです。一定の休息を挟みながら、ウィンゲートテストを10回繰り返すテストです。サッカーやラグビーなど、ストップ&ゴーを繰り返す競技での能力測定をします。

測定方法

ウィンゲートテストを20秒間の休息を入れながら10回繰り返すものです。(デフォルト時)負荷と運動時間、休息時間を変更したいときは、手動で入力することができます。

エアロバイク® POWER MAXパワーマックス
トレーニングプログラム

ハイパワート
レーニング

無酸素パワーテストによって得られたハイパワートレーニング値を入力して行うトレーニングシステムです。
最大パワーを向上させるための、非乳酸性パワートレーニングを主体としたプログラムで、至適運動負荷に基づいて、全力ペダリング7秒、休息40秒、反復回数5回のインターバルトレーニングが行えます。

トレーニング時間は約4分で、トレーニング結果をグラフ画面と算出データ画面で表示します。

ミドルパワー
トレーニング

無酸素パワーテストによって得られたミドルパワートレーニング値を入力して行うトレーニングシステムです。
パワーの持久能力を高めるための、乳酸性パワートレーニングを主体としたプログラムで、至適運動負荷に基づいて、全力ペダリング30秒、休息120秒、反復回数3回のインターバルトレーニングが行えます。

トレーニング時間は約6分で、トレーニング結果をグラフ画面と算出データ画面で表示します。

マニュアル
トレーニング

トレーニングの目的、また種目別や個人別にインターバルトレーニングの条件(トレーニング時間、休息時間、運動強度、反復回数)を設定できるシステムです。
さらに選手の脈拍を管理しながら、個人の体力レベルに合わせた安全なトレーニングを行えるように、休息を時間設定方式(時間モード)と下限脈拍値設定方式(脈拍モード:脈拍が設定値に下がるまで休息がとれる方式)から選択することもできます。

また、ペダリングの回転数を管理し、設定値よりも遅くなると注意音を鳴らすことも可能です。
トレーニング時間は任意に設定できます。トレーニング結果をグラフ画面と算出データ画面で表示します。

オリジナル
トレーニング

トレーニングの目的、また種目別や個人別にインターバルトレーニングの条件(トレーニング時間、休息時間、運動強度)を、任意のステップごとに、自由に設定できるシステムです。
さらに選手の脈拍を管理しながら個人の体力レベルに合わせたトレーニングが行えるように、休息を時間設定方式(時間モード)と下限脈拍値設定方式(脈拍モード:脈拍が設定値に下がるまで休息がとれる方式)から選択することもできます。また、ペダリングの回転数を管理し、設定値よりも遅くなると注意音を鳴らすことも可能です。

トレーニング時間は任意に設定できます。トレーニング結果をグラフ画面と算出データ画面で表示します。

POWER MAX V3(パワーマックス V3)導入事例

Diversity AC千葉障がい者スポーツの世界大会に向けた、POWER MAX V3 Proでのトレーニングを取材!

今回はPOWER MAX V3 Pro導入を決定された障がい者陸上クラブチーム、一般社団法人 Diversity A.C.千葉(ダイバーシティ エーシー チバ)に伺わせて頂くことに。
POWER MAX V3 Proを、障がい者スポーツのトレーニングに取り入れた理由は?またその効果は?今回はその真相に迫ります。

Diversity AC千葉の導入事例を読む

鹿屋体育大学全国でただひとつの国立体育系大学に潜入 数多くの日本代表選手を輩出する「自転車競技部」その強さの秘訣に迫る

国内唯一の国立体育大学「鹿屋体育大学」(鹿児島県鹿屋市)内にある「スポーツトレーニング教育研究センター」と「スポーツパフォーマンス研究センター」。あらゆるアスリートの身体の動きを最先端機器で測定し、競技力向上につなげているこの施設は日本全国からトップアスリートを目指す生徒が集まる。

中でも施設を利用している「鹿屋体育大学自転車競技部」は、全国でもトップクラスの実績を誇り、今まで58名の全国チャンピオン、40名を超える日本代表選手を輩出、4名のオリンピアンが誕生している大学自転車競技の名門チームが弊社の製品である「POWER MAX」を導入したトレーニングを積極的に行っているということなので、選手、監督に詳しいお話を伺った。

鹿屋体育大学の導入事例を読む

TISトレジム女子トライアスロン国体優勝選手に聞く、POWER MAX V3の魅力

トップアスリートのトレーニングを長く支えてきたPOWER MAX V3。果たしてこのマシンの魅力はどこにあるのだろうか。

POWER MAX V3を日々のトレーニングに取り入れ、国民体育大会の女子トライアスロンで華々しく優勝を飾った、潮田選手にお話を伺いました。

TISトレジムの導入事例を読む

導入実績リスト

POWERMAX V3(パワーマックス V3)を導入いただいた団体・施設の一部になります。

りょうまスタジアム
高知県
公共スポーツ施設
帯広市総合体育館
北海道
公共スポーツ施設
聖望学園 高等学校 陸上競技部
埼玉県
学校体育施設
ヤマハ発動機ジュビロ
静岡県
スポーツ競技団体
四国学院大学香川西高等学校 陸上競技部
香川県
学校体育施設
広島県立西条農業高等学校
広島県
学校体育施設
岐阜県立多治見高等学校 硬式野球部
岐阜県
学校体育施設
ベースボールクリニック 北城整形外科
沖縄県
医療機関
ドルフィンスイミングスクール
岐阜県
フィットネス施設
イーストプラザいこまい館
愛知県
公共スポーツ施設
一般社団法人 Diversity A.C.千葉
千葉県
スポーツ競技団体
Nakajima 整骨院
神奈川県
整骨院
加圧トレーニングラボFitness JIN
三重県
フィットネス施設
ビックカメラ女子ソフトボール高崎
群馬県
スポーツ競技団体
日立製作所女子陸上競技部
茨城県
スポーツ競技団体
TRIBE TOKYO M.M.A
東京都
スポーツ競技団体
栃木県立日光明峰高等学校
栃木県
学校体育施設
高崎健康福祉大学スケート部
群馬県
学校体育施設
湘南工科大学 糸山記念体育館
神奈川県
学校体育施設
九州保健福祉大学
宮崎県
学校体育施設
友トレーニングルーム
東京都
パーソナルジム
IPU・環太平洋大学 TOPGUN
岡山県
学校体育施設
日本大学 八幡山総合体育館
東京都
学校体育施設
茨城県立牛久高等学校 陸上競技部
茨城県
学校体育施設
クロスポイント吉祥寺
東京都
フィットネス施設
島根県自転車競技連盟
島根県
スポーツ競技団体
城西大学 総合体育館 トレーニング室
埼玉県
学校体育施設
青山学院大学 相模原キャンパス
神奈川県
学校体育施設
こうき鍼灸整骨院
千葉県
整骨院
GOLD’S GYM 原宿東京
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM 原宿ANNEX
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM 表参道東京
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM 銀座東京
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM 浜松町東京
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM 東中野東京
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM 北千住東京
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM 町田東京
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM ノース東京
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM サウス東京
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM サウス東京ANNEX
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM 東陽町スーパーセンター
東京都
フィットネス施設
GOLD’S GYM 溝の口神奈川
神奈川県
フィットネス施設
GOLD’S GYM 行徳千葉フィットネスセンター
千葉県
フィットネス施設
GOLD’S GYM 幕張千葉ANNEX
千葉県
フィットネス施設
GOLD’S GYM 南船橋千葉
千葉県
フィットネス施設
GOLD’S GYM 安城愛知
愛知県
フィットネス施設
GOLD’S GYM 梅田大阪
大阪府
フィットネス施設
GOLD’S GYM 十三大阪
大阪府
フィットネス施設
GOLD’S GYM 大阪中之島
大阪府
フィットネス施設
GOLD’S GYM 神戸元町
兵庫県
フィットネス施設
GOLD’S GYM 博多福岡
福岡県
フィットネス施設
金沢学院大学 トランポリン部
石川県
学校体育施設
日本空手道 久保田道場
愛知県
スポーツ競技団体
岐阜県協立大学
岐阜県
学校体育施設
国士舘大学
東京都
学校体育施設

順不同、掲載許可をいただいた団体様のみ

導入事例の掲載をご希望の企業様・団体様

すでにエアロバイク® Zシリーズ POWER MAX(パワーマックス)をご購入いただいている企業様・団体様の中で、導入事例として掲載をお求めの方はお問い合わせください。

電話
0120-026-573
平日/10:00~18:00(土・日・祝休日除く)
※年末年始は休業
※お掛け間違いにご注意ください。
インターネットでのお問い合わせ
お問い合わせはこちらから別タブで開きます
  • エアロバイク® S シリーズエアロバイク® S シリーズ

    コンパクトでお求め易い価格のエアロバイク®シリーズ。
    リビングでも場所をとらず、かつ機能も充実したエントリーモデルです。

  • エアロバイク® M シリーズエアロバイク® M シリーズ

    家庭用エアロバイク®の高機能モデルです。
    豊富なプログラムや本格的な機能で、どなたにもご満足いただける運動をご提供いたします。

    また有酸素運動だけでなく、体力レベルを測定可能な機能も搭載しております。

  • エアロバイク® L シリーズエアロバイク® L シリーズ

    エアロバイク®のハイエンドモデルです。
    豊富なプログラムはもちろん、多くの方に使用される環境にも対応した実用性の高い商品です。

  • エアロバイク® Z シリーズエアロバイク® Z シリーズ

    エアロバイク®で培った技術を最大限に活かし、アスリートの身体能力向上に特化したプロフェッショナルモデルです。 アマチュアからプロの競技選手まで広く活用されており、あらゆるアスリートの進化をサポートします。

ご使用上の注意事項

ご使用いただく際は各商品に付属されている取扱説明書をよくお読みになり、各商品のご使用上の注意事項を守ってご使用ください。
各商品の取扱説明書は次のリンク先よりダウンロードいただけます。

エアロバイク®シリーズの取扱説明書

よくある質問

エアロバイク®に関するよくあるご質問は次のリンク先よりご覧いただけます。エアロバイク®の購入やご使用する前、お身体のご質問などをご理解いただくためにご覧ください。

エアロバイク®のよくあるご質問