1. トップ
  2. コナミスポーツクラブ オリジナル
  3. 健康サポート
  4. ラビリントレーナー
  5. 嚥下と誤嚥について

嚥下と誤嚥について

嚥下(えんげ)と誤嚥(ごえん)、何やら難しそうな言葉ではありますが、実はこれらの動きは我々が普段から何気なく行っている動作の一部なのです。
そんな嚥下と誤嚥について詳しくみていきましょう。

嚥下=食べ物を飲み込む過程

嚥下は簡単にいうと、食べ物を飲み込む過程のことです。
普段何気なく行っている食べ物を飲み込むという動作、実は以下の3つの段階に分けて行われています。


1.噛んだ食べ物を飲み込みやすい塊にし、口の奥に送る。

2.鼻に逆流しないよう鼻への道をふさぎ、食道を開いて気管に食べ物が流れないよう蓋をする。

3.食べ物を食道の奥へと送る。


このように見てみると、無意識に行っている飲み込むという動作にも、様々な動きが含まれていることがわかります。
この中でもっとも重要なのは『気管に蓋をする』という段階です。この段階がうまく行われないと、本来なら食道に流れるはずだった食べ物が、気管に流れてしまいます。

だれでも起こりうる「誤嚥」

気管に蓋をする動きが正常に行えず、食べ物が気管に流れてしまうことを「誤嚥」と呼びます。
さらに、誤嚥が起こり肺にまで到達した細菌によって、肺が炎症を起こしてしまうと「誤嚥性肺炎」という重大な症状につながるのです。

一見危険に見えるこの誤嚥ですが、実は健康な人にも起こっています。
ただ健康な人の場合、食べ物や飲み物が気管に入ろうとした時点で反射的に吐き出そうとする働きがあります。
これが誰しも経験のある「むせる」ということです。

誤嚥を防ぐためには?

嚥下能力は、年齢を重ねるごとに低下していくもので、これはある程度仕方のないことです。
この低下を防ぐためには、出来るだけ長い間、自分の口から食べるということはもちろん、口や舌の筋力をトレーニングしていくことが重要です。

ご購入はこちらから

コナミスポーツクラブラビリントレーナー

メーカー
コナミスポーツ
メーカー希望小売価格:
3,850円(税込)

この商品の関連商品

    この商品が気になった方はこちらもチェック

      ラビリントレーナーのトップに戻る