1. トップ
  2. コナミスポーツクラブ セレクション
  3. 健康サポート
  4. ジリリタ スラックレール
  5. ゴールデンエイジのうちに“軸”を鍛えろ!サッカー少年に超絶おすすめのトレーニングアイテム『スラックレール』 ~ 商品レビュー ~

商品レビュー【サカパパ・ママにおすすめしたい】ゴールデンエイジのうちに“軸”を鍛えろ!サッカー少年に超絶おすすめのトレーニングアイテム『スラックレール』

  • #運動

こんにちは。セレクション商品仕入担当の中本です。

今回は、僕が仕入れたベストヒット商品のうちの1つ『スラックレール』をご紹介したいと思います。

『スラックレール』とは、綱渡りの進化形スポーツ「スラックライン」の疑似体験・練習用アイテムとして、開発された商品ですが、
「スラックライン」をやる方だけではなく、子どもたちの体幹やバランス力を、手軽に、しかも“楽しみながら”高めるのにも役立つおすすめの商品です。

この“楽しみながら”というのが、結構ポイントで、子どもたちにとってトレーニングって結構地味で続かないものなんですが、この『スラックレール』は、手軽でしかもポップなので、飽きっぽい子供でも遊びながら楽しく続けることができます。

僕の息子(U10)の場合は、サッカーのフィジカルトレーニング用として取り入れていますが、風呂上りの日課になっていて、かれこれ、1年くらい続いています。

使い方は簡単、バランスを取って乗るだけ

使い方は簡単で、バランスを取って乗るだけ。至ってシンプルですが、この素材と形状が秀逸で、見た目以上に不安定なので、意外とプルプル・フラフラと揺れます。
中には、プルプル・フラフラが止まらないか、すぐにバランスを崩して落ちるかもしれません。
シンプルなんですが、不安定な状態の中、バランスをうまくとって乗ることで、様々なスポーツで必要とされる「体幹」「バランス」を養うことができるようになるのが『スラックレール』です。

子どもの体幹・バランス力、鍛えていますか!? 『スラックレール』のトレーニングが抜群に良いのは、体幹・バランス、そして“軸”が鍛えられること

様々なスポーツで必要とされる体幹やバランス力。子どもの運動能力を高めるためにも大切な要素となります。

運動会で足の速い子どもたちは、必ずといっていいほど、体幹とボディバランスがしっかりしています。
たまに、身体がクネクネなのに(通称クネクネマン)、足の速い子どももいますが、それは身体の大きさだったり、足の長さだったり、力任せだったりが多いように思います。
そうではなくて、子どものうちから、体幹・バランス感覚を養い、しなやかでしっかりと軸の通った身体づくりをしておくことをおすすめします。

少年サッカーの練習やゲームを見ていると、身体がフラフラしていたり、よく転んでいる子供たちがいますが、これは、まだまだ、体幹やボディバランスがしっかりしていないのが要因の1つです。
逆に上手な子どもは、サッカーセンス以外に、これらの能力が高い子が多いです。恐らく小さい頃から、遊びの中で、色んな運動をしていたのだと思います。

僕の場合、息子がサッカーをやっていて、片足でのプレーやコンタクトが多いスポーツだと思い、フィジカルトレーニングの1つとしてこの『スラックレール』を取り入れました。
最初は、体幹と軸足強化に繋がればいいな。という程度で取り入れましたが、続けることで想像以上に効果があり、3ヵ月くらいすると、身体の軸がみるみるしっかりしてきて、さらに、ふくらはぎ、お尻の筋肉がもりっとしてきました。
バランスをとるために足の指にも自然と力が入るので、アーチを鍛えるトレーニングにもなっていると思います。

1年たった今はというと、線は細いですが、軸がしっかりし、前傾姿勢で、お尻がさらに上向きにプリっとしていてほれぼれするくらいの美尻男子です。

足もそれほど速くなかったですが、たった1年で急激に足が速くなり、学年で上位、サッカーでもスピードがある部類に入っています。
一番効果があったのは、(まったく想像していなかった)スピードですが、コンタクトも強くなり、ぶつかってもうまくバランスをとりあまり倒れなくなりました。
中心軸、左右の軸など、ボディバランスがしっかりした、しなやかで軸のある身体になり、全体的なパフォーマンスも少しずつですが徐々に上がっているように思います。

『スラックレール』を使ったトレーニング方法

それでは、スラックレールを使ったトレーニング方法もご紹介したいと思います。前述の通り、バランスをとって乗るだけですが、少しサッカー用にアレンジしています。

①片足立ち

バランスを取りながら、片足だけでスラックレールの上に立ちます。右足、左足それぞれやってみましょう。
片足立ちのバランス感覚が身に付くとと共に、サッカーで大切な軸足の強化が期待できます。
こんなの簡単!と思うかもしれませんが、意外にふらふらすると思います。最初は15~30秒くらいから始めてみましょう。
参考までに、僕の息子は最初は30秒くらいでしたが、徐々にタイムを伸ばし、今では3~5分くらいやっています。

②両足立ち

次は両足で立ってみましょう。片足の時より少し難易度が上がります。両手でうまくバランスを取らないとうまく乗れないかもしれません。
右足を前でやったら、次は左足を前にしてやってみましょう。中心軸が鍛えられると同時に、お尻、足の後ろ側、背中側も鍛えられます。
最初は10~15秒くらいからはじめ、できるようになったら、30秒、1分とタイムを少しずつのばしていきましょう。

③動きながら片足立ち

このトレーニングは難易度が更に上がります。①②ができるようになってからで良いと思います。動きながら軸足を強化するためのトレーニングです。
片足で立ち、反対の足を膝を曲げて垂直に上げます。その状態で1~2秒保ってから、腕を胸のところでクロスしながら上げた方の足を後ろに引いて伸ばします。
最初は難しいので床のうえでやってみて、できるようになってからスラックレールを使ってやってみると良いと思います。3~5回くらいできるのが目安です。

④キックの素振り

次はスラックレールを使って行うキックの素振りです。不安定なスラックレールの上でやるので、なかなか難しいと思います。
キック時のバランス感覚を養うトレーニングなのでキックは軽くで良いです。思いっきりキックするとバランスを大きく崩します。
キックするときは、実際のときもそうするように腕も使うようにしましょう。こちらも3~5回くらいできるのが目安です。

⑤ボールを使ってキック

次に、実際にボールを使ったキックの練習です。よりサッカーを意識したトレーニングですね。不安定な状態でボールを蹴るので色んなところに神経を使います。
バランスをとること、ボールを見ること、タイミングを見て蹴ること、相手の取りやすい位置にボールを返すこと。など。
最初は1回やるだけでも難しいです。徐々に回数を増やしていきましょう。

今のところは、この5つくらいのメニューですが、これ以外にも使い方・工夫次第で色々できると思います。たとえば、次は、スラックレールの上で、 お手玉をやってバランスと認知トレーニングを同時に行ったり、風船を膨らませるトレーニングを同時に行うことで負荷を上げたり、この上でリフティングをやってみたいなと思っています。
こちらは、また次の機会にでもご紹介させて頂ければと思います。

まとめ

気になる方は、こちらで商品紹介をしていますのでご覧ください。

現在スラックレールSという商品が新発売されています。見た目や形状は同じですが、乗り心地が少し変わっているようです。
実際試してみましたが、息子曰くSの方が少しバランスがとりづらいようです。バランス力を高めたい方はSもおすすめです。
ジムに行く時間がない、「スラックライン」に興味はある、体幹トレーニングを行いたい、皆でできる遊び道具がほしい…等、老若男女問わずオススメできる商品です!

レビューの内容は個人の体験によるものであり、商品の効果・効能を保証するものではありません。

コナミスポーツ 中本昌宏

元野球部のサッカー素人パパ。日課はウイイレ。2019年冬に、JFA公認 サッカーC級ライセンスを取得。
家にミニサッカー練習場(ナイター設備あり)を作り、週3日 子どもの朝練と、週末は息子サッカーチームでコーチの手伝いをしている。
サッカーがうまくなるように、日々トレーニング方法を研究中。

ご購入はこちらから

ジリリタ スラックレール

カラー
イエロー、ブラック、レッド、ブルー
メーカー
ジリリタ
メーカー希望小売価格:
2,800円(税抜)

この商品の関連商品

    この商品が気になった方はこちらもチェック

      一覧へ戻る